お金借りる際によく見かける総量規制とは何か

カードローンなどの宣伝によく登場する「総量規制対象外」という単語ですがその内容についてきちんと解説した記事がないので、そもそもの「総量規制」なる単語自体の意味がよく判らない方も多いかもしれません。
総量規制とは、個人でお金借りる場合には必ずついて回る単語となりますので、定義を憶えておきましょう。
まず、個人がお金を借りる場合、融資の申込みに対して各貸金業者は審査を行い、審査結果を出します。
審査の結果、この人には貸しても問題ないとなると今度は審査の内容に応じて、最大で借りられる金額を個人に対して与信枠という形で設定を行います。
年収が400万円の人がいて、その人には審査の結果、100万円まで貸せることになったとしても別の貸金業者が既に100万円の与信枠を設定している場合、この貸金業者では20万円までしか与信枠の設定が出来ません。
これはその人の年収と比較して、全貸金業者の与信枠総額が3分の1を超えないようにしなければならないためです。
これが総量規制です。総量規制は業界の自主ルールではなく、貸金業法という法律で規定されている規制項目であり、もしこの規定に反した貸し付けを行うと金融会社は行政処分の対象となります。
ですから金融会社は信用情報機関を通じて、定期的に貸付額を確認し、法定条件を超えないようにしているのです。

 

銀行系カードローンはなぜ総量規制の対象外なのか

ここまで見てきましたように貸金業者には総量規制という大きなハードルがあり、お金借りる場合には重要な項目となります。
ところが、銀行系カードローンの広告には総量規制対象外という文字がたくさん出ています。
同じようにお金借りることの出来るサービスなのに総量規制の制約を受けないサービスがあるのでしょうか。
これは先ほどの総量規制が定められているのが貸金業法という法律であることが要因となっています。
貸金業法というのは貸金業者の縛る法律で、その有効範囲は貸金業法に基づく登録を行っている業者のみが対象となります。
銀行は同じようにお金を貸してくれる業者ですが、設立の根拠は貸金業法ではなく、銀行法という別の法律を元にしていて、個人に対して行う貸し付けも銀行法を基にしています。
銀行法は貸金業法よりもハードルが高いことから銀行が個人にお金を貸す場合、貸金業法の規定は免除されます。
つまり、貸金業法でどんな規定があろうとも銀行には一切影響がないのです。
そこで銀行系カードローン会社は与信枠の設定に当たって総量規制対象外となり、個々の銀行が判断する審査基準に従って、その満額を融資を受けたいと申請してきた人に割り当てることが出来るのです。
同じようにお金を借りるのであれば、出来るだけ大きな枠を設定できる方が安心です。
そこでお金借りるなら総量規制対象外の銀行系カードローンがお薦めなのです。